東建コーポの資料請求

 

見積もり・経営プランがもらえる「東建コーポレーション」の資料請求

 

東建コーポレーションのアパート経営が気になる方!!

 

悩んでいないでこちらから資料請求をしてみてください。

 


 

↑↑↑東建の資料請求はこちらが断然お勧めです!!

 
 

 

 

お勧めな理由
こちらからの資料請求ならば、東建の資料は勿論の事、見積もりと収支計画書も一緒に送られてくるからです。さらにはアパート経営プランもついてくるのです。

  • 「建築見積もり」
  • 「収支計画書」
  • 「アパート経営プラン」
  • 「市場調査」

 

詳細な検討資料がご自宅に届くのです。
簡単な入力でこれだけの検討資料が手に入るのですから、使わない手はないでしょう。

 

 

 

 

【実は本当】のお勧め理由

 

 

私が心の底からこちらのサイトをお勧めしたいと思っている本当の理由は・・・

 

「他の会社と比較できる」

 

という点です。

 

東建コーポレーション以外の土地活用会社、アパート会社と比較できるということです。大東建託や生和コーポレーション、セキスイハイム、三井ホーム、大和財託株式会社など・・・・上記の会社からも「建築見積もり」「収支計画書」「アパート経営プラン」「市場調査」が届くのです。様々な会社の資料をまとめて請求することが可能なのです。

 

多くの会社と東建コーポレーションを比較してみたくないでしょうか?

 

セキスイハイムの「収支計画書」も見てみたくないですか?

 

生和コーポレーションの「市場調査」も気になりませんか?

 

大東建託の「建築見積もり」に興味があるのではないですか?

 

三井ホームの「アパート経営プラン」も素晴らしいですよ!

 

 

比較することで新たな発見があるかもしれません。また、東建コーポレーションの気づいていなかったメリットに気づくかもしれません。

 

 

 

比較されても東建コーポレーションは負けません!!

 

東建コーポレーションは他の会社と比較されても見劣りすることはないでしょう。

 

何せ東建コーポレーションには実績と歴史があります。

 

多くのアパートオーナー様に支えられています。

 

 

また、東建コーポレーションは建物の耐震性能に強みがあります。東建では2×4工法、鉄骨、RCと3種類の建築構造を採用しています。個人的にはアパート経営は鉄骨構造をお勧めしたいところです。

 

さらに個人的なことを言わせていただけるなら、桐谷美玲をほかの媒体で見かけなくなったことが少し心配です。

 

 

アパート経営のメリット・デメリット【区分】

メリット デメリット

共有部のリフォームを考える必要がない

土地分がわずかで、担保価値がない場合がある

管理組合に積立金がたまると建て替えになることがあり、新築されたあとの部屋をタダで手に入れられる可能性がある 資産を一気に拡大できない
複数戸を別々の場所で持っていれば災害や事故などが起こってもリスクが分散される 複数所有していると、見回りのときに移動が手間になる

人気のない1階の物件所有を避けられる

住居以外での貸し方ができない場合が多い。民泊は管理組合が許可するかしないかを決められ、許可しない物件のほうが多い
分譲マンションデベロッパーがニーズを調査し建てている場合が多く、立地や間取りが考え抜かれているものの可能性がある
実需向けの分譲マンションに実際に住んでいる人はほとんどが所有者なので、住環境がいい可能性が高い(投資型ワンルーム分譲マンションを除く)
安く建てる傾向のある資産運用目的の建築ではなく、実需向けは永住目的のため材料がハイスペックのものを使っている可能性が高い

長期修繕計画で大規模修繕を当初から予定して修繕積立金を、所有者全員で積み立てる仕組みがあり、修繕費の心配が少ない

共用部に修繕が発生しても積立金で対応するため急な出費が発生しにくい
35年の住宅ローンを利用できる実需向けに高く売却できる可能性がある

 

アパート経営のメリット・デメリット【一棟もの】

メリット デメリット

一気に資産を増やすことができる

事故物件になったり、エリアで問題が発生したりになると複数部屋空く可能性がある

管理組合のルールに従う必要がなく、時間単位でのスペース貸しや民泊などさらに利益の高い貸し方を家主の判断のみで行うことができる 常に変化するニーズの把握や税務に関することなど常に勉強する時間が必要になる
共用部や外観のデザインを家主の好みで変えることができる
安く土地を仕入れ、自分で企画すれば利回りの出る新築を所有できる可能性がある

バブル期に完成した物件は比較的安心

不良物件をつかまない方法として、構造設計書を専門家に見てもらえ、建物の外観を見てヒビが入っていたら危ない、などなど、いろいろな意見をいラ専門家がテレビのインタビューでは登場しています。しかし、非常にその数が少ないとされる構造設計の専門家をどうやって探し当てるのか、そして探し当てることができたとして、見てもらうのにかかるコストはどのくらいなのかを考えると、こういったアドバイスはあまり現実的ではないように思います。

また、建物の外観で骨組みのことまでは残念ながらわかりません。建築基準法の耐震基準は最低レベルを定めたものであって、デベロッパーや建心竪心社によってそれぞれ分譲・施工基準は違います。ですから、新耐震基準を満たした物件であっても、そのレベルぎりぎりの耐震性しか満たしていない物件もあれば、新耐震基準以前に建てられたものでも十分な耐震性を備えたものもあるのです。新耐震基準以降に、基準通りに建てられた物件だからといって、今後発生するかもしれない大地震に対し、絶対安心というわけでもありません。どんな規模の地震が、いつ、どういう状況で起こるか誰にもわからないのですから。ただ、「大手」といわれる建設会社は何よりも「面子」を重んじます。多くの従業員を抱え、株式市場に株式を上場もし、長い歴史を持つ「大手」は、ヒューザーのような目先の利益のために無茶をすると、結局大きなダメージになることを十分理解しているのです。最近は、新興(業者でも次々と株式市場の上場をはたしていますが、「大手」とは、長い歴史と実績、一定のブランドカを持つ建設会社やデベロッパーのことをいいます。

新興の業者の中には、安さを全面に押し出す業者が少なくありませんが、安いのにはちゃんとそれなりの理由があるわけで、つまりは大手ではできないコストダウンをしているのです。コストダウンをとことん追求した結果、鉄骨の本数を減らしたり、細い鉄骨を使ったりという発想にたどり着いたということです。不況のせいでしょうか。価格の安さをアピールした売一方が主流になったのは、ここ7〜8年のことです。その意味では、個人的にはバブル期に完成した物件は、比較的安心な気はします。当時は、かかったコストはすべて売値に転嫁できた時代です。コスト意識は非常に希薄だったように思います。金融機関が今では考えられないほどおおらかにローンをつけてくれましたから、少々高くても物件は販売できたからです。バブル期に完成した物件はすでに築年数からすると15年以上になってきていますが、それこそ昭和40年代に建った木造アパートが賃貸物件として十分現役であることを考えれば、古すぎるということはないと思います。

 

売り時のタワマンは賃貸募集が少ない

相続対策を考える層や富裕層なら、タワーマンションでの不動産投資事情は気になるところだ。タワーマンションが林立する湾岸エリアで賃貸仲介を行う大手不動産会社は年間6000件のうちタワーマンションへは3割程度の仲介を行っている。タワマンは1棟に1500程度の戸数があるが、そのうちの2割程度が賃貸募集されている印象だ。共用部が充実していることなどから、世帯年収1000万円以上のファミリーが入居する傾向がある。ステータスを求める層からのアパマン需要が高く、東京タワーやレインボーブリッジが見える部屋だとほかの部屋に比べ1割程度家賃を高く設定できるという。

 

賃貸需要が高いため、賃貸募集が少ないのが現状だ。理由は、晴海エリアが会場となるオリンピック開催まで出ていく気のない人が入居しており、基本的に退去件数が少ないことのほか、空室になっても入居者を募集しないことも挙げられる。オリンピック開催を前に、投資家向けに販売するオーナーチェンジより、実需向けに販売する方が高く売れるからだ。そのため、家賃は2年前と比較して10%程度上昇している印象があるという。湾岸エリアは土地の広さが限られており、供給が増えすぎることはなく、夜景を楽しみたい層は一定数必ずいるため価値が下がりにくいと考えてもいい。だが、「晴海エリアに建築される選手村の売却が始まったら値段が多少は下がる可能性はある」とも指摘。購入時期の見極めは難しいようだ。

 

 

駅10分以上の物件価格に注意

それでは、どのような区分マンションの購入を避ければいいのだろうか。持ち出しなしの黒字で不動産投資をしていくなら、新築の購入はおすすめできません。10年以内の築浅物件も固定資産税が高いため、利益を出しづらいのが現状だ。投資用の新築マンションの販売でみられる売り出し方は「家賃収入と銀行への返済を差し引くと月1万円程度の支払いを伴うが、支払いは団体信用生命保険と抱き合わせのため、ガンなどが発覚した時点で返済義務がなくなる。節税にもなるし、ガン保険を支払い続けるなら、払い終えたときに完全に自分のものにできる区分マンションを購入したほうがいいですよね」というものだ。販売物件の入居率の高さをうたい、立地の良さから将来の家賃下落の可能性も低いと言われれば、納得して購入するのも自己の判断による。だが、はたして命をかけてまで購入すべきなのか、どこか釈然としない。

 

 

 

単身者向けで人気があるとは言えない駅から徒歩10分以上超えているところも注意が必要だという。「購入したい人の数が少なく、元金が減るペースより物件価格の下落の方が速い可能性があります」と解説する。駅近の物件は利用価値があり、需要が下がりづらいので価格も下がりづらいといえる。地域の賃貸需要を確認した上で成功している。地元不動産会社5軒程度に「このマンションをこの値段で賃貸に出したら入居者は獲得できますか」という聞き込みを行い、決まるだろうと返答をもらえたため購入している。需給バランスを調べていくことも重要だ。

 

  • 画像は東建コーポレーション公式HP、関連HPより引用しています。
  • 見積もり請求は当該地区で運営している建築会社のみとなります
  • 記事内には「PR」の宣伝活動および、アフィリエイト広告が含まれております。